平成26年12月に財団は創立50周年を迎えました。

12.25

当財団は昭和39年(1964年)12月に、「極地研究の助成と研究成果の普及を行い学術文化の向上に寄与すること」を目的とする財団法人として認可され、本年12月に50周年を迎えました。発足当時は、国家事業として開始された南極地域観測事業が一時中断されていた時期で、南極観測事業の再開や南極最大の露岩地域ドライバレー地域の調査に貢献しました。昨年4月に公益財団法人に移行しましたが、これを機会に、極地研究の助成と研究成果の普及に加え、極地で活動する人々のチャレンジ精神を社会に役立てるための教育活動も始めています。

ページ上部へ戻る