南極と北極の総合誌「極地」 第54巻第1号(通巻106号)

%e5%8d%97%e6%a5%b5%e3%81%a8%e5%8c%97%e6%a5%b5%e3%81%ae%e7%b7%8f%e5%90%88%e8%aa%8c%e3%80%8c%e6%a5%b5%e5%9c%b0%e3%80%8d%e3%80%80%e7%ac%ac54%e5%b7%bb%e7%ac%ac1%e5%8f%b7%ef%bc%88%e9%80%9a%e5%b7%bb106

kyokuchi_106

第54巻第1号(通巻106号)目次

戻る

巻頭言

立川移転10年目を迎える国立極地研究所・・・・・中村卓司

特集「オーロラの謎と魅力」

特集まえがき・・・・・片岡龍峰 人生をかけてオーロラを追う・・・・・八重樫あゆみ オーロラの調べ・・・・・KAGAYA 江戸時代の人々が見たオーロラ・・・・・岩橋清美 オーロラ爆発(回想)・・・・・赤祖父俊一 地球のてっぺんからオーロラを見る・・・・・細川敬祐 オーロラに魅せられて-4度の南極・昭和基地での宙空圏観測を振り返る-・・・・・梅津正道 惑星や月のオーロラから分かること・・・・・垰 千尋 オーロラ観光の楽しみ方・・・・・福西 浩

南極域研究の最前線

南極上空大気の中の微生物ー第54次南極観測隊同行者報告ー・・・・・小林史尚

フロンティアへの挑戦

火星と南極・・・・・村上祐資

極地の自然

写真で巡る南極の自然・・・・・武田康男

南極授業

写真で巡る南極の自然・・・・・武田康男 YOUは何しに南極へ?-教員南極派遣プログラム参加-・・・・・濵中真喜 南極観測による探究活動と理系人材育成 -南極から生徒と共同研究、SSH交流会支援事業採択-・・・・・生田依子

極地探検史

アムンセンのアクセル=ハイベルグ氷河越えの謎・・・・・岩田修二

トピックス

南極・・・・・石沢賢二 北極・・・・・児玉裕二・齊藤誠一

極地記念館探訪

南極観測船ふじ-南極観測の意義と歴史を伝える-・・・・・加藤浩司

新刊紹介

日本極地研究振興会だより