出版物・DVD映像

中学生用ESD副読本「南極・北極から地球の未来を考える」

2020年発行 / A4判 / 定価:500円(税別)

ESD(持続可能な開発のための教育)はSDGs達成の担い手を育む教育です。地球環境の未来像を予測して未解明の問題に果敢に挑戦する行動力を持った人材を育成する教育です。2020年度から始まる新学習指導要領では、その前文と総則に「持続可能な社会の創り手となる」との一文が初めて入り、日本の教育目標になりました。
このESDのための副読本は5章構成で、執筆者は、南極・北極でさまざまな活動を行っている極地の専門家です。第1~4章は、最新の研究成果にもとづいて、南極・北極が地球の未来を考える上でなぜ大切なのか、極地で進行する温暖化と生態系の変化、先進的な環境保護、極地と宇宙について、中学生が理解できるようにわかりやすく紹介します。また第5章は、キャリア教育のために、冒険家、ジャーナリスト、南極派遣教員、大学院生、南極観測隊員など18人が自らの体験を語ります。目標を持つこと、未知なるものに挑戦すること、好奇心、チームワークなどの大切さが伝わってきます。広く全国の中学校でご利用ください。

oshirase_icon中学生用ESD副読本「南極・北極から地球の未来を考える」申し込み


中学生用ESD学習プログラム「南極・北極から地球の未来を考える」

2020年発行 / A4判 / 定価:500円(税別)

この学習プログラムは、中学生用ESD副読本「南極・北極から地球の未来を考える」を用いた授業を中学校の理科、社会、総合的な学習、その他の教科で実施するためのものです。
第1章は、ESD副読本に掲載された26のテーマと極地で活躍する18人からのメッセージが新学習指導要領のどの教科科目に対応するかを表で示します。第2 章は、ESD副読本の内容を7つの学習区分に分け、それぞれの到達目標を表で示します。
第3章はワークシートで、南極地域観測隊に参加し、南極から授業を行った実績をもつ小・中・高校の教員が16課題のワークシートを作成しました。各課題ごとに、①学習のねらいと到達目標、②学習時間、③学習展開が掲載されており、すぐに授業で使用できる形でまとめられています。広く全国の中学校でご利用ください。

oshirase_icon中学生用ESD学習プログラム「南極・北極から地球の未来を考える」申し込み


小学生用冊子「南極・北極から学ぶ地球の未来」

2020年発行 AB判 / 定価:500円(税別)

冊子は小学生高学年を主な対象とし、AB判(210×257mm)のオールカラー印刷で、全体は52ページです。
第1章「南極・北極から考える地球の未来」、第2章「進む地球の温暖化」、第3章「極地の環境保護」、第4章「南極・北極への挑戦」の構成です。各章は複数のテーマからなり、第1~4章全体で21のテーマが取り上げられています。各テーマの内容は見開きでコンパクトにまとめられており、授業の副読本として使用しやすいように、「覚えておこう」と「考えてみよう」の欄もあります。
執筆者はそれぞれのテーマで活躍する極地の専門家で、最新の研究成果への興味・関心を引き出すための工夫がなされています。執筆原稿は、小学生が理解しやすいように小学校教員によって改稿されています。一般の方々もぜひご利用ください。

oshirase_icon小学生用冊子「南極・北極から学ぶ地球の未来」申し込み


冊子「南極・北極から学ぶ地球環境変動」

2019年発行 / A4サイズ / 定価:500円(税別)

冊子はA4サイズのオールカラー印刷で、全体は52ページです。
1章「地球環境変動のしくみ」、2章「進行する地球温暖化」、3章「南極・北極の環境保護」、4章「南極・北極への挑戦」の構成です。各章は複数のテーマからなり、1~4章全体で22のテーマが取り上げています。
小学生高学年~中学生が地球環変動を学ぶ最新の教材として使用できるように、各テーマの内容はA4見開きでコンパクトにまとめられており、「覚えておこう」と「考えてみよう」の欄もあります。
執筆者はそれぞれのテーマの分野で活躍する極地の専門家で、最新の研究成果への興味・関心を引き出す工夫がされています。一般の方々もぜひご利用ください。
oshirase_icon冊子「南極・北極から学ぶ地球環境変動」申し込み


DVD映像教材「教えて!極地の達人~南極と北極から学ぶ地球の環境変動」

2019年12月制作 / 23分 / 定価:500円(税別)

このDVD映像教材は、全体の長さが23分で、極地のエキスパート6人がインタビュー形式で南極・北極を知ることが地球の未来を考える上でいかに大切かを語ります。全体は7つのストーリーで構成されています。
1. 南極・北極から地球の温暖化を考えよう!/中山由美(朝日新聞記者)
2. 南極の温暖化とアデリーペンギン~温暖化が動物に与える影響/高橋晃周(国立極地研究所)
3. 昭和基地の役割とは?~南極にある世界の観測基地/橋田元(国立極地研究所)
4. 南極隕石から宇宙環境を知る/山口亮(国立極地研究所)
5. 南極探検の歴史/石沢賢二(国立極地研究所)
6. 北極の温暖化と人々の暮らし/山崎哲秀(冒険家)
7. エンディング~極地の達人からメッセージ
小学校高学年から中高生を主な対象として制作しましたが、一般の方々にも分かりやすい内容になっています。ぜひご利用ください。

oshirase_iconDVD「教えて!極地の達人~南極と北極から学ぶ地球の環境変動」申し込み


DVD映像教材「南極と北極から学ぶ地球の温暖化」

2018年12月制作 / 15分 / 定価:800円(税別)

このDVD映像教材は、全体の長さは15分で、6つのストーリーで構成されています。「オープニング」、「南極と北極の紹介」、「南極・北極と地球の環境変動」、「地球の温暖化と南極・北極の動物たち」、「地球の温暖化と人間の暮らし」、「南極・北極から考える地球の未来」です。
案内役キャラクターとしてペンギンのミナミちゃんとシロクマのキタさんが登場し、交互に質問をしながら進行します。その中で、南極・北極域で活躍している3人の研究者と2人の冒険家が登場し、インタビューで、「好奇心を持つこと」、「外の世界に飛び出すこと」の大切さを語ります。これがこの映像教材の最も重要なメッセージとなっています。
小・中学生を主な対象として制作しましたが、一般の方々にも分かりやすい内容になっています。ぜひご利用ください。
oshirase_iconDVD「南極と北極から学ぶ地球の温暖化」申し込み

ページ上部へ戻る