SDGs/ESD事業

南極・北極から地球の未来を考えるSDGs/ESD事業のご紹介

2015年 9 月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs )」(図1)は、持続可能な世界を実現するために経済、環境、社会、教育などのあらゆる課題の解決を目指しており、我が国でも経済界や地域社会などほぼすべての分野でSDGs への取り組みが始まっています。
SDGs達成のためにはそれを担う人の育成が緊急の課題となっており、文部科学省は新規事業として 2019年度からユネスコ活動費補助金事業として、「 SDGs 達成の担い手育成(ESD )推進事業」を始めました。

本財団がこのESD 推進事業に申請しました「南極・北極から地球の未来を考える ESD 副読本と学習プログラムの開発」が 2019 年度事業として採択された後も、 2020 年度、 2021 年度と継続して採択され、様々な 機関と連携 したコンソーシアムによって事業を進めています。

本財団が事業主体となり、極域研究の中核機関である国立極地研究所、極域研究で実績のある大学・研究機関、南極・北極授業を実施した小・中・高校、ESD活動で実績がある大学および小・中・高校、南極地域観測隊員派遣企業、ESD支援企業、ESD活動支援センター、教育委員会、ユネスコスクールからなるコンソーシアムを構築し、事業を推進します(図2)。副読本と学習プログラムを開発するワーキンググループのメンバーは、極地研究者、教員南極派遣プログラムに参加した小・中・高校の教員、ESD実践校の教員、ユネスコスクールの教員で構成されています。

図1:SDGsの17の目標

※画像はクリックすると拡大します。

図2:ESD事業を推進するコンソーシアム体制

地球温暖化はかつて地球が経験したことがない速さで進行しており、 SDGs(持続可能な開発目標)の担い手には、地球環境の未来像を予測して未解明の課題に果敢に挑戦する行動力が要求されます 。南極・北極域は氷床や海氷の融解によって温暖化が他の地域よりも急激に進行しており、地球環境の未来像を考えるための最適な教材です 。さらに、極地という過酷な環境下で未知の世界に挑戦する研究者、技術者、教育者、冒険家らの行動力とチームワーク力 は、 SDGs の担い手が最も必要とする能力で す。

本事業は、南極・北極域での最近の研究・教育活動の成果をもとに、副読本「南極・北極から地球の未来を考える 」 (小学生用と中学生用の 2 種類)と、それを用いた授業を実践するための学習プログラム(小学生用 と中学生用の2 種類) からなる SDGs教材を開発し 、理科 ・ 社会 ・総合的な学習の時間(探究的学習)など 、 さまざまな教科で授業を実践することによって SDGs の担い手を育成することを目的とします。 教室での対面授業やオ ンライン授業に加え、南極・北極経験者を外部講師とする授業(対面およびオンライン授業)など、多様な形態での授業を目指します。