北極基礎市民講座~「北極の不思議、もっと知ろうその魅力」~

開催のご案内

1.本講座について

 原生的な自然が残る北極域は、極限状態で生息する動植物の生態や氷河・氷床などの壮大な景観を有しています。近年、北極域は地球温暖化の影響をもっとも顕著に受ける地域の一つと言われ、急激な海氷の減少や環境変化が観察されています。このような現象は北極域の気候や生態系に影響を及ぼすだけでなく、水や大気の循環を通じて地球規模の異変を起こす可能性があります。

 一方、このような環境変化は北極海における船舶の運航機会の増加や石油や天然ガス等の開発を促進させ、経済活動が活発となっています。同時にこれらは人間社会への影響や環境汚染、国家間の新たな摩擦の原因となる可能性をはらんでおり、持続可能な活動が求められます。またこのような地球規模の気候変動や社会・経済活動の変化によって生じる課題は北極圏国だけでは解決できないため、日本を含む周辺国の協力にも大きな期待が寄せられています。

 本講座は、大きく変動する北極に関する最新の情報を自然科学だけではなく人文社会科学を含む幅広い視点で第一線の専門家が分かりやすく解説します。現在と将来に向けた北極のより正しい理解と新たな魅力を知っていただくことにより、新たな感動を呼び起こしてくれることと思います。

2.主催・後援

主催: 北極域研究共同推進拠点(J-ARC Net)(*)
共催: (公財)日本極地研究振興会
後援: (株)クル-ズライフ、(株)日本橋トラベラ-ズクラブ、(株)読売旅行、(株)商船三井

(*) 国立大学法人 北海道大学 北極域研究センター(認定施設)
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 国際北極環境研究センター(連携施設)
国立研究開発法人 海洋研究開発機構 地球環境部門 北極環境変動総合研究センター(連携施設)

3.会場

日本印刷会館
 東京都中央区新富1丁目16番8号
 電話番号 03‐3551‐5011

4.講演プログラム

2019北極基礎市民講座パンフレット

テーマ 開催日 講演タイトル 講師
第1回地理と歴史 2019年
6/21(金)
15:00-16:00
今、北極では何が起こっているのだろうか !?
~探検から観測を通じて~
山内恭
(国立極地研究所特任教授)
陸の生態系2019年
6/21(金)
16:10-17:10
凍土の融ける大地で何が起きているのか?飯島慈裕
(三重大学准教授)
第2回海の生態系2019年
8/9(金)
15:00-16:00
海氷減少と食物連鎖綿貫豊
(北海道大学教授)
大気2019年
8/9(金)
16:10-17:10
北極の気象・気候についてわかっていること/いないこと猪上淳
(国立極地研究所准教授)
第3回海洋2019年
10/9(水)
15:00-16:00
北極の海の科学渡邉英嗣
(海洋研究開発機構研究員)
氷河・氷床2019年
10/9(水)
16:10-17:10
氷河氷床
~北極を彩る氷のかたまり~
杉山慎
(北海道大学教授)
第4回北極ロシア
資源開発
2019年
12/3(火)
14:00-15:00
北極圏の石油・ガス開発はなぜ必要なのか?本村眞澄
(元石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
北極北欧
資源開発
2019年
12/3(火)
15:10-16:10
北欧のエネルギー大国ノルウェーの石油開発 ~
特にその北極域と周辺地域について~
高橋照之
(出光興産株式会社)
第5回北極海航路
とその利用
2020年
1/27(月)
14:00-15:00
北極の海の道、探検~挑戦~利用へ大塚夏彦
(北海道大学教授)
エネルギ-輸送2020年
1/27(火)
15:10-16:10
北極海からのLNG(液化天然ガス)輸送泉史郎
(株式会社商船三井)
第6回ガバナンス2020年
3/27(金)
14:00-15:00
気候変動と北極国際関係 大西富士夫
(北海道大学准教授)
人間と社会 2020年
3/27(金)
15:10-16:10
「昔ながらの知恵」から学ぶ
~ アラスカ先住民と自然環境の関わり
近藤祉秋
(北海道大学助教)

5.お申し込み・お問い合わせ:

参加費無料
■下記の申込みフォームのリンクをクリックし、必要事項をご記入ください。ご希望の講演は申し込みフォームで選択できます。
「北極域基礎市民講座」申し込みフォーム

以下各ホ-ムペ-ジからも申し込みができます。

ホームページにアクセスいただき、フォ-ムに必要事項をご記入下さい
FAXの場合は氏名(フリガナ)、住所、電話番号、FAX番号、ご希望の講演を明記の上、下記にご送付ください。

■J-ARC Net  (北海道大学北極域研究センター内)

https://j-arcnet.arc.hokudai.ac.jp/

(上記J-ARC Net HPよりクル-ズライフ社HP(申し込み受付サイト)にリンクします。)

FAX:011-706-9623 , TEL:011-706-9624

■(株)クル-ズライフ ホ-ムペ-ジ参照

http://cruiselife.co.jp

FAX:03-6228-3982, TEL:03-6228-3981

ページ上部へ戻る