南極の温暖化とアデリーペンギン

ペンギンの数は減ってる?増えてる?

南極の夏に子育てを行うアデリーペンギンは、JR東日本のSuicaのキャラクターにもなっている種類しゅるいで、ペンギン界の代表せん手といえるでしょう。
昭和地をふくめ、南極大陸に広く生息しており、南極各地で数の変化が調べられています。
温暖化によってアデリーペンギンの数にはどのような変化があらわれているでしょうか。

南極半島ではペンギンの数がげん

アメリカに向かって南極大陸からつき出した南極半島。ここは南極の中でも、もともと気温が高く、またとくに温暖化が進んでいる地域です。1950年からの50年間で、年平きん 気温が2.8度も上しょうしています。 気温・水温の上昇によって、海に氷がらなくなるなど、海の環境かんきょうにも大きな変化が現れています。 この地域ではイギリス、アメリカ、アルゼンチンといった国の観測かんそく基地が中心となって、1970年代からアデリーペンギンの数が調査されています。 その結果を見ると、アデリーペンギンの個体数は1970年代に最大で、そこから2010年までに約40 〜20%近くまで個体数がげんしました。 これは、ペンギンのえさとなるオキアミが減少したからだと考えられています。

昭和基地近くで子育てをするアデリーペンギン

図1:昭和基地近くで子育てをするアデリーペンギン


昭和基地周辺ではペンギンの数が増加ぞうか

では、南極大陸の本体といってもよい、もっと度が高く寒れいひがし南極域ではどうでしょうか。 日本の昭和基地はひがし南極域にあります。昭和基地では、海水などのえいきょうで年々の変動はあるものの、長期てきな気温の変化は見られません。 昭和基地周辺しゅうへんのアデリーペンギンの個体数は、1970年代から2010年代にかけて、50 〜90%増加していました。 まだ温暖化が進んでいない東南極域では、ペンギンの子育てにてきした環境が続いているのかもしれません。

覚えておこう
  • 南極半島域では、温暖化でオキアミが減ることがペンギンにえいきょうしています。
  • 東南極域では温暖化は見られず、ペンギンも増えています。


東南極域での変化のきざし

しかし、その東南極域でも気になる変化のきざしが現れています。その一つは、2017年3月に、とつぜん南極海をおおう海氷の面積が観測し上最小を記録きろくしたことです。 これは、平年と比べると30%近くも下回る面積となっています。今後、もし海氷が長期的に減少していくと、東南極域のアデリーペンギンにもえいきょうが現れてくるかもしれません。
もう一つの変化のきざしは、東南極域のアデリーペンギンが、えさとしてクラゲをひんぱんに食べていることです。これは、最近の生たい調査で、 ペンギンの背中に取り付けたビデオカメラの映像えいぞうから明らかになりました。

:ペンギンの背中に取り付けたビデオカメラ(左)とクラゲを食べるしゅん間の映像(右)

図2:ペンギンの背中に取り付けたビデオカメラ(左)とクラゲを食べるしゅん間の映像(右)


クラゲは水分が多くて栄養えいようが少なく、いっぱんにはペンギンのえさとして てきさないと考えられています。ペンギンはなぜ栄養が低いクラゲを食べるのか、そもそも 前からクラゲを食べていたのかどうか、まだよく分かっていません。 現在げんざいは、ペンギンが南極の他の地域でもクラゲを食べる行動が見られるのか、また、クラゲを食べることが子育てにえいきょうしないのか、などの調査が進められています。

【高橋 晃周(たかはし あきのり)・国立極地研究所 准教授】

考えてみよう
  • ペンギンは、どうして南極で数が多いのでしょう。
  • ペンギンの体は、どのようなところが泳ぎに適しているのでしょうか。
  • ビデオカメラを背中に取り付けると、ペンギンの食べ物の種類以外に、どんなことが調べられるでしょう。
  • クラゲを食べる動物は、他にもいるでしょうか。


Copyright © 公益財団法人日本極地研究振興会